足の臭いを消す

 

>>足臭解消ランキングを今すぐ見る

 

「足が臭い女」なんて絶対思われたくないですよね!

汗っかきの人はクサかったらどうしよう...ってヒヤヒヤしまうと思います。

ましてや意中の男性がいる時に、足が臭っていたら...!?

そんな足の臭いが心配な人のために、足の臭い対策をご紹介します。

 

 

汗には3つの種類がある

3つ

 

ヒトが汗をかく理由は、主に3つあります。

 

  • 気温の上昇や運動をした時に体温調節を行う「温熱性発汗」
  • 辛い物を食べた時に汗をかく「味覚性発汗」
  • ストレスや緊張など精神的なものによる「精神性発汗」

 

汗はエクリン腺とアポクリン腺から出ます。

エクリン腺は全身にありますが、ほとんどが水分で

構成されていて塩分の濃度が高いため、臭うことはありません。

 

対してアポクリン腺は、脇の下や性器周辺にあって

塩分の濃度が低いため、細菌が繁殖しやすい汗となっています。

 

 

足が臭くなる原因はこれだった!

 

臭い

 

足が臭うのはアポクリン腺がたくさんあるに違いない・・・

と思うかもしれませんが、実は足には臭いの元となる

アポクリン腺はありません。

 

足や靴が臭うのは、主に足のムレや細菌発酵によって

「イソ吉草酸」が発生することが原因なんです。

 

靴の素材は考えたことある?

足は靴下や靴を履いているせいで通気性が悪く、

高温多湿になってムレやすいですよね。

 

特に夏のパンプスや革靴、ぴったりした

ストッキングや冬のブーツなど、

靴の中は水分が蒸発しにくい環境になっています。

 

革靴やブーツは天然の革、スニーカーはメッシュタイプなど、

通気性の良い素材にこだわると良さそう。

 

革靴は簡単には洗えないので、後からご紹介するミョウバン水を

スプレーしたり10円玉を置いてみたりします。

 

仕事中はサンダルやスリッパに履き替えるなど、

臭いがこもらないようにするといいですね。

 

細菌がウヨウヨ繁殖してるかも・・・

菌ピタ君

 

足の裏にはエクリン腺が集中していて、

その数は平均12,5000個にもなると言われています。

 

通常エクリン腺から出る汗は弱酸性ですが、

汗の量が多くなると重炭酸イオンの濃度が高くなり、

アルカリ性になっていきます。

 

アルカリ性はブドウ球菌などの細菌にとって

最適な環境なので、繁殖してしまうんですね。

 

また足裏は角質層も厚く、新陳代謝も盛んなので、

多くのアカが剥がれ落ちます。

 

足が臭うのは皮膚の常在菌が汗や皮脂、

角質などを分解して発酵させることで臭いが発生するのです。

 

>>足臭解消ランキングを今すぐ見る

 

あなたの食生活は大丈夫?食べ物に注意!

ハンバーガー

 

体臭や口臭など、体から発せられる臭いは

食べるものによっても変わります。

 

肉などの動物性脂肪や揚げ物には脂肪分が

多く含まれているので、汗腺を刺激して臭いをキツくします。

欧米人が日本人と比べて体臭があるのも、

肉食が原因だといわれています。

 

チョコレート、スナック菓子、揚げ物、

チーズやバターなども油が多く、揚げ物は

トランス脂肪酸を含んでいるため要注意です。

 

特にファストフードなどの揚げ物はできるだけ控えるようにし、

脂肪の少ない和食をとるように心がけるといいですね。

 

またアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されますが、

アルコールの量が多いと血液中に溶けて全身をまわります。

 

すると肺や汗腺からお酒の強烈な臭いを発するので、怖いですよね!

アルコールの量はほどほどにしておきましょう。

 

 

靴の臭いをなくす5つの方法

 

靴の臭いを取る裏ワザもいろいろあるので、ご紹介します!

 

日光で殺菌して細菌をやっつける!

高温多湿の状態になりやすい靴は、

雑菌にとって繁殖しやすい環境です。

特に、毎日同じ靴を履いているという人は要注意。

 

できれば2~3足用意して、それらをローテーションして

履くようにしましょう。

靴は風通しのよい場所に干しますが、

色落ちしやすい靴や傷みやすい靴は陰干しのほうが良いです。

 

除菌をしたいのなら「日光消毒」できるので、

天日干しのほうが良いでしょう。

紫外線は除菌のほか、カビ対策にも有効です。

 

10円玉なんて効果なし!?

 

10円で足の臭いが取れるなんて、ウソっぽいですよね。

でも銅イオンの繊維入り靴下などもあることから、

10円玉に消臭効果は意外とあるんです。

 

10円玉の銅イオンの殺菌作用を利用したもので、

キレイな10円玉を靴の中に入れます。

 

 

意外に効果が出るのは早いようなので、

何枚か入れてみると良さそう。

 

 

ミョウバン水って漬物じゃあるまいし・・・

ミョウバンは、日本ではナスの色落ちを防ぐために、

漬物などに使われる白い物質。

 

細菌はアルカリ性の環境を好みますが、

ミョウバン水は酸性にするため、殺菌や消臭効果を発揮します。

 

また古くから制汗剤としても使われており、

ローマ時代にまでさかのぼることができるようです。

 

ミョウバンは薬局で非常に安く手に入れることができるので、

心おきなく使えるのも嬉しいですね。

 

スプレーに入れて靴に吹きかけますが、

夏場などは1週間で使い切りましょう。

冷蔵庫での保存がおすすめです。

 

<ミョウバン水の作り方>

ミョウバン50gをペットボトルに入れる

フタをしてよく振る

白い粉が溶けない場合はしばらく置いてみる

 

重曹もウソっぽい・・・

重曹

 

重曹は天然のミネラルで、昔から料理や掃除、

入浴剤などにも使われてきました。

 

脂肪酸などの油汚れや手垢は酸性ですが、

重曹はアルカリ性のため、中和作用で汚れを落としやすくなり、

消臭もしてくれるんです。

 

フタに穴をあけた容器など、密閉していないものに

入れて置いておくだけで、消臭効果を発揮してくれます。

 

薬局で「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ナトリウム」といえば

買うことができますが、お菓子を作る際の「ベーキングソーダ」は

掃除用としては割高になるため適していません。

 

<靴の消臭に使う方法>

古い靴下を用意して、重曹を半分くらいまで入れる

口をしっかり結んで、重曹がこぼれないように

靴の中に入れておく

消臭効果は2~3ヶ月ほど

 

 

コーヒーからわさびまで使えちゃう!?

よく乾かしたコーヒーの残りかすには臭いを吸着する作用があり、

ゴミ捨て場などに撒かれているところも見かけますよね。

 

お刺身につけるわさびには抗菌作用があることから、

靴の中にしばらく置いて、殺菌しようというものです。

 

靴の中に塗るわけにはいかないので、

紙の上にわさびを置いてみると良さそうですよ。

でも効果は保証しませんので、自己責任でお願いします!

 

 

足の臭い対策にはコツがあった!

足の洗い方

 

臭いの元を断つためには清潔にしておくことは大切ですが、

あまり足の洗い方なんて考えたことないのでは?

 

足の臭いをなくすためには、まず発汗作用を促すため

湯船に浸かり血行を良くしておきましょう。

 

そうすると汗腺が刺激され、塩分濃度が薄い

サラサラの臭わない汗をかけるようになってきます。

 

保湿効果の高いボディーソープは乾燥が

必要な足裏用には適さないため、殺菌効果のある固形石鹸

洗うようにしましょう。

 

お風呂で足を洗うときは指の間や爪の間も、

しっかり石鹸をつけて洗います。

 

特に爪はアカやゴミが溜まりやすいので、

爪用のブラシなどでしっかり汚れを落とすようにします。

 

角質は細菌のエサとなってしまうので、

硬くなった厚い角質は落としておくことが効果的です。

 

古い角質は剥がれ落ちますが、うまくいかないと硬くなり、

角質が厚くなってしまいます。

 

お風呂に入り皮膚が水分を含んで柔らかくなった状態で、

少しずつかかと用のやすりで削るようにして下さい。

 

足のむくみ、血行不良やリンパの滞りを解消することで、

足の臭いも改善されることがあります。

 

肝機能が低下して血液中のアンモニア濃度が上昇し、

汗と一緒に出てくるものを「疲労臭」といいます。

 

足の臭いが「疲労臭」の場合は、肝機能とともに

足の代謝を良くしてあげることで改善されることがあるのです。

 

足浴はリラックスもできるし一石二鳥

デオナチュレ 足

 

アロマやハーブが好きな人は、消臭効果のある精油を

使って足浴をしてみてはいかがでしょう。

ティーツリーとレモングラスがおすすめです。

 

レモングラスは強いレモンのような香りが特徴で、

エスニック料理やハーブティーでおなじみですが、

昔から解熱や感染症に使われてきた歴史があります。

 

レモンの香りはアルデヒド類のシトラールという成分に

殺菌、脱臭、防腐効果があるため、

白癬やカンジダ菌などにも利用されます。

 

ただし皮膚刺激が強めなので敏感肌の人、

妊娠中の人、小さいお子さん、緑内障の人なども

控えたほうが良いとされています。

 

ティーツリーはユーカリのような、

スッとする清涼感ある香りが特徴で、

人によっては薬品っぽいニオイと称されることも。

 

ティーツリーにも抗菌、消臭効果があり、

レモングラスとの相性も良いので

ブレンドして使っても良いですね。

 

<効果的な足浴の方法>

熱めのお湯を用意

ホホバオイル5mlとレモングラスを2滴垂らす

10分ほど足をつけます

 

お酢も酸性なので、ミョウバンや重曹と同じように

雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

酢のツンとした臭いが苦手な人は、

ハーブを入れてみてもいいですね。

 

<お酢浴の仕方>

洗面器にお湯を入れる

大さじ3杯の酢を入れる

足や指の間をマッサージ

 

 

足の臭いを一掃する定番はこれ!

靴下の素材でいうと、特にシルクの靴下

汗を吸ってくれるので良いですね。

 

綿も通気性という面では良いですし、

指の間の汗が気になる方は5本指ソックスがおすすめです。

 

酢水に靴下を浸けてから洗濯をすると、

酸性に傾くので雑菌が繁殖しにくくなります。

 

出かける前や帰ってきた後の靴にスプレーするため、

玄関に一本は常備しておくと便利そう。

 

こちらも抗菌、消臭加工されたもののほか、吸湿性、

速乾性を重視したものもあります。

冷感インソールなんかは、暑い時期に重宝しそうですね。

 

その他の、足の汗を抑えたり臭い対策としては

直接足に塗るタイプの抗菌作用に優れたもの

選ぶと良いですよ!

 

 

まとめ

靴の臭いの原因は、汗と雑菌、生活習慣による体臭などがあります。

対策として、靴を干したり、足を清潔にしたり、

除菌・消臭効果のあるグッズを使ってみたり。

いろいろな方法があるので、自分にあった方法を選んでみてください。

 

>>足臭解消ランキングを今すぐ見る

 

 

Copyright© 足の臭いを消す方法 , 2018 All Rights Reserved.